レスリング吉田沙保里選手の父・栄勝さん急死!高速道路運転中くも膜下出血

印刷

   レスリングの吉田沙保里選手(31)の父で、日本代表コーチでもあった栄勝さん(61)がきのう11日(2014年3月)に急死した。三重・津市の伊勢自動車道で、運転していた車が中央分離帯にぶつかったあと路肩で止まっていた。くも膜下出血を起こしたらしい。

   吉田は15日から始まるワールドカップの公開練習のため東京へ向かっていたが、知らせで自宅へ戻った。報道陣には無言だったが、兄の栄利さん(33)によると、「お父さ~ん」と呼びかけ泣き崩れたという。

自宅隣に道場作ってレスリング教室…その中にわが娘

   栄勝さんは専修大学時代、フリースタイル57キロ級で全日本チャンピオンになった。卒業後は三重県職員となったが、自宅の隣に道場をつくってジュニアの育成を続け、栄利さん(全日本優勝者)、沙保里さんもそこで育った。全日本の女子のコーチも務め、吉田の五輪3連覇のロンドン大会ではセコンドを担当した。このとき、彼女を抱き上げようとする栄勝さんを吉田が逆に肩車してリングを一周し、世界中が拍手した。栄勝さんは肩車の上からみた光景を「一生忘れられない特別な景色でした」と語っていた。

心残りは結婚

   北京五輪直前にワールドカップ連勝が119勝でストップしたとき、「何が起こったかわからない」と落ち込む吉田を立ち直らせたのも栄勝さんだった。自宅道場で練習する子供たちの姿を見せ、「小さい頃を思い出せ。一から出直せ」と諭した。吉田は立ち直り、ワールド カップ14連覇も達成した。

   全日本女子の栄和人監督は「(吉田選手の成果で)幸せな人生だったと思う。ただ、彼女の結婚と子どもを見届けられなかった」と声を詰まらせた。

今週末のワールドカップ出場未定だが、家族は「出ろ!」

   13日が通夜、14日に告別式になるが、ワールドカップは15、16日で14日にはメディカルチェックもある。吉田が予定通り出場するかどうかは未定で、出場するとしても父の死は影を落としそうだ。

   司会の小倉智昭「こういう亡くなり方はつらいよね。身内は。沙保里さんが生まれたとき、『女か』とがっかりしたという話を聞いたことがあるけど、そのお嬢さんがここまでになったんだから…」

   笠井信輔キャスター「家族が(吉田選手に)告別式より試合に出ろといっているというのはすごいですよねえ。父がそう言うはずだと」

   栄勝さんはこのところ体調不良で、子どもたちには知らせずに病院にいっていたという。くも膜下出血には遺伝の要素もある。吉田も注意を怠らない方がいい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中