2019年 5月 23日 (木)

浦和レッズ「大馬鹿サポーター」差別横断幕で無観客試合!クラブ側も撤去せず

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   サッカーJリーグの浦和レッズの本拠地、埼玉スタジアムでサポーターが差別的な横断幕を掲げたとして、Jリーグはきのう13日(2014年3月)、レッズに対して「23日の清水エスパルス戦を無観客試合とする」という処分を発表した。無観客試合は最も重い処分で、Jリーグ史上初めてだ。

観客席入口に「日本人以外立ち入り禁止」

   浦和のサポーターは熱狂しすぎてしばしば問題を起こしている。スタンドが真っ赤なユニフォームで埋まるのは当たり前。巨大な文字や絵柄のシートを展開したり、幟を林立させたり。相手サポーターとのトラブルもある。横断幕はいたるところに掲げられる。

やめてほしい

   しかし、今月8日の浦和レッズ・サザン鳥栖戦で、埼玉スタジアム内のゴール裏に通ずる入り口に3人のレッズ・サポーターが掲げた横断幕は異様だった。「JAPANESE ONLY」と大書されていたが、これは「日本人以外立ち入り禁止」を意味する。多くのサポーターは「何でこんなものがここにあるんだと腹が立った」という。

   クラブはこれに気づいていながら、サポーターが抵抗したため撤去せず、撤去は試合が終わってからだった。Jリーグはそうしたレッズの認識の甘さを重視し、厳しい処分につながった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中