鈴木おさむ、背中に「美幸」のタトゥー「すごく喜んでくれました」

印刷

   放送作家の鈴木おさむ(41)は妻の森三中・大島美幸(34)の名前「美幸」と書いたタトゥーを自身の背中に入れていることを3月15日(2014年)のブログで明かした。施術直後の写真を掲載しており、1文字あたりがこぶしほどの大きさだ。

   結婚10年目を迎えた2011年12月に入れたもので、大島へのサプライズプレゼントだった。「妻はすごく喜んでくれました」とし、大島から「いつまでも見ていられる」と言われたという。施術中は痛かったそうだが「その痛みも、背中に妻の名前を入れてるんだと思うと、痛いのと同時になんだか感慨深いものがあり」と振り返る。

   2年以上たったタイミングでの発表について、「CMとか色んなところにご迷惑かけてしまうところもあり、今まで発表できませんでした」と説明。「発表できてあ~、すっきりした」と書いている。

   なお、鈴木は今年1月に「美幸」と題した恋愛小説を発売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中