不明のマレーシア機、ハイジャックされ強制着陸?消息絶ってからも7時間近く衛星通信

印刷

   消息不明からきょう17日(2014年3月)で9日目になる。マレーシア航空機はハイジャックされた可能性が強まっている。クアラルンプールを離陸50分後に消息を絶ってからも、進路を西に変えて飛行を続けていたことがわかったからだ。しかし、どこへ向かったのか。

反転後に中央アジアに向かったか、インド洋南下し墜落か

   マレーシアのナジブ首相の会見は「質問禁止」。しかし、内容は衝撃的だった。「マレーシア機の自動通信装置が何者かによって意図的に切られた」「通信衛星が最後に機と交信したのは8日午前8時11分だった」

ハイジャック?

   旅客機に搭載されている通信装置は、(1)音声通信(2)機体状態を伝えるシステム(3)機の識別番号の3つがある。マレーシア航空MH370便(北京行き)がクアラルンプールを発ったのは8日午前0時41分。会社への(2)の無線のデータ通信が途絶えたのは午前1時7分だった。その14分後に(3)の識別番号が故意に切られた疑いがあるというのだ。機影が管制レーダーから消えたのが午前1時30分だった。

   その後、午前2時15分に軍のレーダーがマレー半島西岸のペナン島沖でMH370便を捉えたのが最後だが、衛星への通信は続いていた。消息を絶ってから6時間40分も飛び続けた可能性があるというのだ。ナジブ首相は「機は何者かによって意図的に操作されていた」と言い切った。

   衛星が捉えた通信を解析した結果、370便が向かったのは、カザフスタンとトルクメニスタンの国境、インド洋の南の2つの可能 性があるという。中央アジア方面に飛ぶには、インド、パキスタンを越えないといけない。軍事的に緊張している両国で、国籍不明機がレーダーにひっかからないなんてことはまずありえない。

   インド洋を南下し墜落したなら機体の残骸は見つかるはずだ。燃料は残っているはずで、飛び続けたとしたら、さらに広い範囲に到達できる。可能性としては中央アジアから南極海近くにまでなる。

衛星との通信は地上からでも可能

   司会の小倉智昭「ハイジャックなら墜落してないのか。どうなっちゃってるんだろう。過去に見つからない飛行機なんてあるの?」

   35年前にブラジルの貨物機が成田から米ロサンゼルスへ向かう途中に消息を絶って、いまだにわからないというのがあるという。

   笠井信輔キャスター「朝日新聞によると、衛星との通信は地上でもできるということです。つまり、着陸していてもできるということなんですが…」

   夏野剛(慶應大大学院特別招聘教授)「低空だとレーダーにひっかからないというが、目撃情報がありますからねぇ」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「マレーシア政府も質問禁止とか、まだ隠していることがあるのではないでしょうかねえ」

   菊川怜キャスター「ハイジャックにしても、目的は?」

   とにかくナゾは深まるばかりだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中