横田夫妻「孫はめぐみにそっくりでした」期待したいモンゴル対面で拉致問題進展

印刷

   拉致被害者の横田めぐみさんの両親の横田滋さん(81)・早紀江さん(78)夫妻がきのう17日(2014年3月)に川崎市内で会見して、モンゴル・ウランバートルで実現しためぐみさんの娘キム・ウンギョンさん(26)との対面の様子を笑顔で語った。めぐみさんの行方については触れなかった。

父・滋さん「丸顔で同じ家系なのかなという感じ」

   孫の存在が明らかになって12年。ウランバートルの迎賓館で今月10日から14日まで、ウンギョンさんと夫、10か月の娘に通訳を交えただけで過ごしたという。ひ孫にはオモチャのピアノと子ども用の薬を持って行った。ウンギョンさんが作ってくれたスープが美味しかったなどと語った。

一歩になれば…

   ウンギョンさんの印象は「丸顔で同じ家系なのかなという感じ」(滋さん)、「めぐみちゃんの若い、(ウンギョンさんのその年頃は)見られなかったんですけど、めぐみに似ているなあと感じるところが多かったです」(早紀江さん)と話す。ひ孫については、「小さいときのめぐみに姿がそっくりでね、涙が出て」(早紀江さん)

   めぐみさんが行方不明になったのは37年前である。13歳のときで、今年で50歳になる。当時、フジテレビ系「小川宏ショー」で訴える夫妻の映像があった。手がかりがないまま20年経った1997年、産経新聞が初めて「北朝鮮に拉致されていた」と報じた。02年の小泉首相の電撃訪朝で5人の帰国が実現したが、めぐみさんは94年に自殺したと伝えられた。

   しかし、夫妻はいまも信じていない。ニセ遺骨など曲折は経たが、ウンギョンさんがめぐみさんの子であることはDNA鑑定で確かめられている。つまり、ひ孫も間違いない。肝心のめぐみさんについてはあえて聞かなかったという。

   「立場があるから、かりに知っていたとしても話せないと思いますから」(滋さん)

北朝鮮代表「被害者家族の会」に罵詈雑言浴びせ退席!国連人権理事会

   司会の小倉智昭「これが拉致問題解決の一歩になればいいんですが、安倍政権が動いていたことはわかった」

   竹田圭吾(「ニューズウィーク日本版」編集長)「横田夫妻の笑顔を見て、北朝鮮はほくそ笑んでいるはずです。カードはこちらが持ってるんだと思ってる可能性があります。ご夫妻は拉致問題の解決のために自分たちを犠牲にしてきた。ここまで根回しをした安倍総理の努力は評価されていいと思いますね。安倍さんはほかのチャネルでも対話を進めようとしているように見えるので、全体解決へのステップと期待したいです」

   きのう17日にスイス・ジュネープで開かれた国連人権理事会で、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表が各国に支援を訴えたが、そのスピーチを北朝鮮代表が机をたたいて妨害し、ついには席を立つ姿があった。

   小倉「経済制裁は相当こたえているはず。突破口を開きたいんだとは思いますがね」

   素直じゃない。やっかいな国だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中