2018年 8月 21日 (火)

「ピーターパン実写版」なぜかインディアンのお姫様役が白人!?ネットでは差別批判

印刷

   「アリス・イン・ワンダーランド」、「スノーホワイト」、「マルフィセント(眠れる森の美女)」など、ハリウッドでは有名童話の実写映画化がトレンドとなっているが、現在、実写化の話が進んでいるピーターパンをベースにした映画「パン」(ジョー・ライト監督)のキャスティングを巡り、ツイッターやネット上の掲示板を中心に論争が巻き起こっている。

「ハリウッドの白人至上主義だ」「ネイティブアメリカンでは儲からないから?」

   問題となっているのは、ルーニー・マーラがピーターパンの中でネイティブアメリカンの娘として描かれているタイガーリリー役にキャスティングされたこと。ツイッターなどのSNSやネット掲示板では、「なぜネイティブアメリカンを白人のマーラが演じるのか」など、ハリウッドの白人至上主義だと反発の声が上がっているという。

   たしかに、典型的なインディアンのお姫様であるタイガーリリーを白人が演じることには違和感がある。製作サイドは「実写版はアニメ版とは違うキャラクター設定になっている」と言い訳しているようだが、ネットの掲示板では、「結局、お金の問題でしょ。ネイティブアメリカンの女優をキャスティングしても映画に観客は呼べないから」などの声が多い。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中