PM2.5より怖い有害物質『PM0.5』が飛んでくる!血液に入り込み心筋梗塞や狭心症

印刷

   ようやく春を迎えたのに今度は中国から歓迎しない客がやってくる。PM2.5に加えて黄砂。北京市で17日(2014年3月)に今年初めての黄砂を観測したことから、いよいよ日本への飛来が本格化する。ところが、PM2.5よりもさらに危険なPM0.5が九州など日本の各地で観測されているという。

黄砂も飛んできてダブル被害

   PM0.5は中国の復旦大学・研究チームが「PM2.5以上に人体に危険を及ぼす物質」と警鐘を鳴らしている。大気汚染を研究する工学院大学の坂本哲夫教授によると、PM0.5は0.5マイクロメートル以下でスギ花粉の60分の1、黄砂の8分の1という超微細な物質で、成分は石炭を燃やしたときに出る硫酸塩とスス。排ガス処理が進んでいない中国で発生する有害物質という。

   超微細のため、肺の奥深くまで達して肺胞から血液に入り込む可能性がある。産業医科大医学部の矢寺和博准教授は「心筋梗塞や狭心症の発作など、循環器疾患、心臓冠動脈疾患の障害を起こす」と警告している。

   加えて、偏西風に乗って黄砂の来襲がこれから本格化する。黄砂はスギ花粉に付着すると花粉を傷つけてアレルギー症状を引き起こすアレルゲンを放出させ、喘息などの症状がより重くなる。

天気回復する週末から大量飛来

   中国から飛来する黄砂を含む有毒な大気汚染が本格化するのはいつごろか。気象予報士の森朗は「黄砂の飛来は3~4月が飛び抜けて多いんです。きょう20日は雨で少ないですが、低気圧が発達しながら東北、北海道に移動したあと、天気が回復すると大気汚染物質がやってきますよ」と注意を呼びかけている。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中