「小保方博士論文」審査員のハーバード大教授「読んでないし頼まれてもいない」

印刷

   万能細胞「STAP」をめぐる理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの疑惑は深まるばかりだ。今度は小保方さんの博士論文の学位審査員だった米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が「論文を読んでない」と言い出した。

STAP細胞でも共同執筆

   博士論文は2011年に提出され、小保方さんはこれで学位を得ているのだが、ここで使われた画像がSTAP細胞論文と同じとわかって、騒動の発端にもなった。論文自体もかなりの部分が他の論文のコピペによる丸写しとわかって、審査員にまで疑惑の目が向けられている。

名前あるのに…

   審査員は早稲田大教授2人と東京女子医大教授、バカンティ教授の4人があたった。バカンティ教授はハーバード大で小保方さんの指導教授だった。STAP細胞論文の共著者でもあり、「論文取り下げ」についても「必要ない」と小保方さんを擁護していた。

   ところが、そのバカンティ教授が英科学誌ネイチャー(関連サイト)の取材に、「彼女の論文のコピーを受け取ったことも、読んでほしいと頼まれたこともない」と話したのだ。真意は不明だが、東大医科学研究所の上昌広・特任教授は「論文を読んでないことも、またそれを公表したことも常識では考え難い」という。早稲田大は「審査の過程も調べる」としている。

疑惑広がり逃げだした?

   司会の小倉智昭「この教授は小保方さんと別の論文も書いているんでしょ?」

   バカンティ教授は2011年に小保方さんと共著で、アメリカの専門誌に論文を発表しているのだが、最近になって訂正を報告していたことがわかった。論文に使われた遺伝子解析の結果を示した画像が、不適切に使い回されていたという内容だった。ただし、論文の結論には影響がないといっているという。STAP細胞の論文でも同じようなことを言っていた。

   小倉「弟子の功績を自分のものにしようと考えてるんじゃないのかと思っちゃいますよ、わたしなんか」

   笠井信輔キャスター「逆に、距離を置こうとし てると見ることもできますよね」

   菊川怜キャスター「論文に記された教授の名前はだれが書いたんだろう」

   小倉「よくわかりませんよね。この事件はすべてがわからない」

   小保方さんなら即座に答えられるはずだが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中