2018年 9月 23日 (日)

菊地亜美「滑舌良くする手術受けました。でも、歌は全然うまくならない」

印刷

   アイドルグループ「アイドリング!!!」のメンバーで、バラエティでも活躍している菊地亜美(23)がきのう19日(2014年3月)に行われたCMの発表会で、舌の手術を受けたことを明かした。「サシスセソが言えなかったから」なんだという。

   菊地は「舌の裏を切ったんですよ。いま痛くてしゃべれないですね」と言いながらもしゃべって、「これを切ったら結構歌がうまくなるっていわれたんですが、全然うまくならないんですよ。どうしてくれるんですか、これ」

   隣にいたガッツ石松(タレント)「才能の問題だからね」

「舌小帯短縮症」舌裏の筋が短くろれつ回らず発音不明瞭

   司会の小倉智昭「舌を切ると滑舌の悪いのが治るの?」

噛まなくなるの?

   梅津 弥英子レポーター「そうなんです。舌小帯短縮症といって、舌の裏側にある筋状の筋肉が短かったり、舌の先端近くについていると起るそうなんです」

   舌を上あごにつけたとき、中央部分が引っ張られるように凹むのが短縮症。舌の動きが悪くてろれつが回らなかったり発音が不明瞭になる。手術はいたって簡単。舌小帯を切って縫うだけなので10分ほどだ。その日には帰れる。

   梅津「菊地さんは歌がうまくならないといっていますが、慣れると変わってくると医者は言っています。6か月くらいかかるかもしれない」

   小倉「噛んだりするのもそうなの?」

   梅津「気づいてない人も多いんです。ただ、23歳までというのは珍しいとか」

   笠井信輔キャスター「いまボク、舌小帯のところに口内炎ができていて、痛いんです」

   菊川怜キャスター「口内炎は10年前からですか?」

   笠井「違います」とカメラに向かって「失礼しました」

   菊川「失礼しました」

   小倉「それって10年前から噛むってこと? いや16年ですよ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中