<あなたを抱きしめる日まで>
「未婚母の駆け込み修道院」裏の顔は幼児売買!息子奪われた老母50年後の「赦しの旅」

印刷
(C)2013 PHILOMENA LEE LIMITED, PATHE PRODUCTIONS LIMITED, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED
(C)2013 PHILOMENA LEE LIMITED, PATHE PRODUCTIONS LIMITED, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

   50年前に生き別れた息子を探すヒューマンストーリーである。間違いなく泣ける!と映画館に足を運んだところ、期待を超える良作でした。主人公は年老いたアイルランド人女性・フィロミナと、外交絡みのネタで失脚したジャーナリストのマーティンだ。

   フィロミナは10代のころ、未婚の妊娠を理由に勘当され修道院に預けられた。だが、その修道院は母親たちの駆け込み寺となっていたが、子どもを人質に母親を働かせ、さらに子供を金持ちに売り飛ばす悪徳組織の顔を持っていた。フィロミナも息子アンソニーをわずか3歳足らずで奪われ、どこかへ養子に出されてしまった。

   マーティンは記者としての嗅覚で修道院の裏の顔に気づき、調査を進めていく。かつてロシア外交を専門にした政治記者だったマーティンは、いわゆる「ヒューマンストーリー」を三文記事と馬鹿にしてきた。新境地を開こうと、フィロミナの息子探し記事に着手してもその思いは変わらない。

   だから、アンソニーを探す旅でも二人はどうにも噛み合わない。フィロミナは修道院にひどい仕打ちを受けても「悪意はなかったのだと信じたい」と語り、初めてのビジネスクラスや高級ホテルにいちいち感激する。見ようによってはチャーミングな彼女だが、マーティンからしてみると「労働階級の愚鈍な老女」でしかない。

   どうにか二人はアンソニーの消息にたどりつく。しかし、ここでハッピーエンドを迎えないのが、単なる人探し映画でないところなのである。アンソニーの足跡は二人に修道院の罪を浮かび上がらせる。

美しくて悲しいアイルランド田舎風景

   テンポよく進んでいく物語、紆余曲折を経ながら理解しあっていく二人、そして問いかけられる「赦しとは」というテーマが重い。加えて、取材対象者とジャーナリストの葛藤が話を複雑にする。騙されてもなお相手を赦し、自分の罪に向き合う。相手が悪いと声高に叫ぶほうが得とされる世の中で、「赦す」ことに意味はあるのか。

   ヒューマンストーリーに社会派サスペンスの要素を入れているのに、ちょっとしたギャグを交えて全体を軽妙に進める運びが上手い。美しくもさびしいアイルランドの田舎の風景も光っている。紅葉の季節から雪の季節まで、心象風景と相まって変わっていく四季の変化が楽しい。

   立派にサクセスした息子、周りの人々、奪われた時間、赦されざる罪。天秤の向こうに何を置けばいいのか。思い悩む要素が盛りだくさんなのだけれど、複雑に要素が絡み合い、登場人物の葛藤が際立つ。久しぶりに「良かった」と勧められる作品でした。

(ばんぶぅ)

おススメ度☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中