大阪市長選は投票率最低!『圧勝』の橋下徹雲隠れ…当選会見にも現れず

印刷

   いまひとつピンとこなかった大阪市長選に有権者が審判を下した。むろん票数では橋下徹氏(44)の圧勝だったが、投票率23.59%は過去最低、無効票が13%あって、うち白票が9.04%、4万5098票で「次点」となる異様な結果だった。橋下は勝利宣言どころか姿も見せなかった。

「次点」は白票の4万5098票という異様

   橋下は37万7472票で、他の3候補は3万票以下だから問題にならないが、前回2011年の府知事選とのダブル選挙では75万票をとっているから、半分以下だ。投票率の低さは政令指定都市の首長選では6位になるが、平成になってからでは最低である。

独り相撲

   今回の選挙は橋下が推進する「大阪都構想」が市議会野党の反対で動きがとれず、出直し選挙で民意を問うというものだったが、この論理がよくわからない。野党は大義名分がないと候補擁立を見送ったため、気の抜けた選挙になった。司会の小倉智昭は「(白票の多さは)橋下さんに対する抗議の気持ちも含まれてるんじゃないの」というが、「棄権の意思表示 だった」(田﨑史郎(時事通信解説委員)というのが本当のところだろう。

大阪都構想も維新の会も「消滅」

   勝利宣言の場に現れたのは大阪維新の会幹事長である松井一郎・大阪府知事だった。口から出たのは、「4人に1人の方が投票に行っていただけたことに感謝申し上げる」。橋下は「公務がある」とかでとうとう出てこず。市長を辞して選挙というのに、いったいどんな公務があったのか。大阪都構想どころか、維新の会もすっかり色あせてしまった。

   小倉「橋下市長の独り相撲だったんじゃないのかな」

   相撲をとる相手と時期を間違えたのは確かだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中