2018年 6月 22日 (金)

来週から消費税8%「急いで買っておくもの」「あわてると損なもの」プロが判定

印刷

   4月1日から消費税が8%に上がると、ファイナンシャルプランナー横山光昭さんの試算では「年収300万円なら約4万6000円、500万円なら約7万2000円、800万円の家庭なら約10万7000円が年間の増税額になります」という。街では増税前の駆け込み購入で大騒ぎだが、買いだめが有効なものもあれば、急いで買うとかえって損するものもあるという。「そこで、横山さんに、買うべきものと買わなくていい物を指摘してもらいました」(三輪秀香アナ)

ポイントは「価格が変わらない物」「絶対に使う物」「置き場所をとらない物」

   横山さんによると、買いだめ・買い急ぎしておいた方がいいのは、「価格が変わらない物」「絶対に使う物」「置き場所をとらない物」だ。定期券・回数券、メガネ・コンタクトレンズ、塾・通信教育費の一括支払い、雑誌の定期購読費、自由検診、美容院などがこれにあたる。

   反対に、買わなくていい物は食品、日用品、家電だ。「これらは焦って駆け込んでもそれほどプラスにはなりません。家電商品などは夏のボーナス以降に安売りになる可能性があります」(横山光昭さん)

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中