STAP細胞ホントは以前からあるES細胞!「これならすべて辻褄が合う」(専門教授)

印刷

   理化学研究所のSTAP細胞論文をめぐってまた新たな疑惑が発覚した。小保方晴子研究ユニットリーダーが作製に成功したとしているSTAP細胞が、実験に使われなければならないマウスとは別の種類のマウスの細胞だったことが分かったというのだ。共同研究者の若山照彦・山梨大教授が受け取った2つのSTAP細胞の遺伝子を調べたところ、万能細胞の実験用に提供した129系統のマウスとは別の系統のマウスの細胞が返ってきた。

小保方晴子リーダーから戻ってきたのは別のマウス細胞

   別のマウスの細胞と取り違えることはあり得るのか。東大医科学研究所の上昌広特任教授は「常識的にはあり得ないですね。非常に大切なところなので、通常はミスする事はないですよ。普通に考えると、意図的に取り違えた可能性が高いと思います」という。

   上特任教授は2つの細胞はSTAP細胞ではなく、いろんな組織に分解することがすでに分かっているES細胞だったのではないかと指摘する。この点について、若山教授も「STAP細胞とES細胞は外見上見極めることは不可能で、実際に何の細胞か分からなかった」と説明している。

雲隠れ許されない!本人が出てきて説明せよ

   となると、これは何を意味するのか。上特任教授はこう指摘する。「STAP細胞の根拠が完全に崩れ落ちたことになります。STAP細胞のかわりにES細胞を使ったとしたら、これまでの謎がすべてつじつまが合うはずです。

   画像の捏造や改ざんがあっても、(理研は)STAP細胞があると言ってこられたが、今回はSTAP細胞が他の細胞であった可能性を示してますから、これまでと違う本質的な疑惑です」

   野村修也弁護士(中央大法科大学院教授)「どうしてこういうことが起きるのか。そこをきちっと解明していかないと、日本の科学界の再生はないですよ」

   片山善博(慶応大教授)「まず研究リーダーの小保方さんが出て来てきちんと説明しないといけない。脚光を浴びて、こういう事態になったら雲隠れではまずいですよ」

   このままでは理研に対する不信感が深まるばかりだ。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中