2018年 7月 20日 (金)

「STAP細胞」偽装?すり替え?実験に使っていないマウス細胞だった!

印刷

   万能細胞とされるSTAP細胞がすり替えられたか混入していた可能性が高まった。森圭介アナが伝える。「理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーは、シャーレの中で129系統のマウスの細胞を刺激したところ、状態のよいSTAP細胞の塊が2つできたとして、若山照彦・山梨大学教授に渡したということです。でも、この2株の細胞の遺伝子を調べたところ、細胞は129系統のマウスのものではなく、実験には使っていないはずのB6と呼ばれるマウスのものであることが明らかになりました」

129系統マウスのはずがB6系統マウス

   司会の加藤浩次「若山先生は、言ってみれば裏付け実験を依頼されたわけでしょう。その最初の段階で違った細胞を渡されたことに気付かないということがあるのでしょうか」

本当に存在するのか!?

   キャスターのテリー伊藤「これでますますSTAP細胞が本当に存在するかどうかが怪しくなってきました。この問題は早急に真相を解明する必要がありますよ」

   森「B6や129系統のマウスは、いずれも万能細胞の1つであるES細胞を作るのによく使われています。STAP細胞論文が発表された以来、STAP細胞が実際にはES細胞だったのではないかという疑いを持つ研究者も少なくありませんでした」

理化学研もう小保方リーダー擁護できず「詳細に検証」

   理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は「今後、詳細な検証を若山教授と協力しながら進めていきます」と語っている。コメンテーターの宮崎哲弥(評論家)は「再生医学の権威である京都大学の中辻憲夫教授は、論文が発表された当初、STAP細胞が確認されて良かったと歓迎していました。しかし、一連の問題が発覚して以降は信頼できないと見方を変えています。それだけ、時間の経過とともにさまざまな問題が浮上して来ているということでしょう」

   STAP細胞など初めからなかったということなのだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中