2018年 7月 22日 (日)

浅田真央「今後のことは五分五分です」外国選手には多い一度引退して復帰

印刷

   先週行われたフィギュアスケートの世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)は日本勢の圧勝だった。男子は羽生結弦(19)と町田樹(24)が1、2位、女子は浅田真央(23)がSP、フリーともにほぼ完璧な滑りで自己ベストを更新して3度目の優勝を飾った。

「もっと図々しくなっていいじゃないか」(テリー伊藤)

   話題のひとつは浅田の今後だ。昨年4月(2013年)に「五輪を集大成に」といって「引退か」と伝えられたが、ソチ五輪のあとに「世界選手権で感謝の滑りをしてから決める」、そしてきのう30日(2014年3月)の会見では、「休養が必要だと思っています。まだ決めていません。ハーフ、ハーフ」「ソチの悔しさをぶつけてやり切りました。フィギュアっていいなと感じました」と話した。

ピザ?ハーフ&ハーフ

   佐藤信夫コーチも「一つひとつの滑りの裏に何かが潜んでいる。やった人にしかわからない味というか、ああ、これなんだというものをつかんだのではないか」と語る。事実、昨年のNHK杯以来、4回も自己ベストを更新している。失敗だった五輪でもフリーは自己ベスト。この世界選手権のSPでは世界歴代最高を出している。頂点にあることは確かだ。

   キャスターのテリー伊藤「モチベーションは変わってない。キム・ヨナ選手が休んでいたように休んで、世の中を見たり音楽を聴いたりしたら違ってくるんじゃないかな」

   元選手の安藤美姫「はじめて『ゆっくりしたい』という声が出たのはわかりますね。バンクーバーから4年間ですからね」

   司会の加藤浩次「ハーフハーフはビザだったらいいけど」

   テリー「北島康介選手みたいな、図々しさがあってもいいですよ」

   加藤「引退して帰ってくる選手いるでしょ」

   安藤「世界では多いです。自分もそうだった(大笑い)。浅田さんの『ゆっくりしたい』は本音だと思います」

若手成長!4回転跳ぶ女子まもなくデビュー

   男子は劇的な逆転劇だった。SPで町田は自己ベストを出してトップ。羽生は失敗して3位。その点差は6.97だった。それをフリーで羽生が逆転したのだが、点差はわずか0.33だった。フィギュアの採点は細かくて素人にはわからない。

   安藤「町田選手はジャンプをひとつオーバーターンしてました。それが1点減点になってるんです。それがなければ逆になっていましたね」

   テリー「真央ちゃんがいなくなったらと、女子のあとが心配になる」

   安藤は「村上佳奈子さんもオリンピックを経て、強くなるという意識をもっていますし、来年から参戦する子がひとりいて、練習では4回転をやっているといいますから、大丈夫です」という。一方で、羽生には「スピードがなかった。体力をつけないと」となかなか厳しい。さすが美姫の目はすごい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中