2018年 11月 14日 (水)

フィギュア鈴木明子「昨夜、日本スケート連盟に引退届を提出しました。今後も大好きなスケートは続けます」

印刷

   フィギュアスケートの鈴木明子選手(29)が「昨夜、日本スケート連盟に引退届を提出しました」と3月31日(2014年)にツイッターで報告した。すでに今季限りの引退を発表していて、27・29日の世界選手権では6位を獲得している。

   鈴木は「選手生活を支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました!」と喜ぶ。今後はプロスケーターへ転向する予定で、「競技は引退しましたが、今後も大好きなスケートは滑り続けます。これからもよろしくお願いします」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中