2018年 7月 20日 (金)

デーブ・スペクター「いいとも」に感謝!「テレビに出るチャンスをくれた番組。夜は『特大号』に出ます」

印刷

   テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが3月31日(2014年)で最終回を迎えた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)への思いをツイッターで語っている。デーブは「外国人タレント」ブーム全盛の1980年代中盤、ケント・デリカット、オスマン・サンコンらとともに出演していた。

   31日朝には「『笑っていいとも!』が終わるなんてそんな事アルタ!」と、お得意のダジャレを飛ばした。昼のレギュラー放送終了後には「ご存知の方もいると思いますが僕がテレビに出るチャンスをくれたのは『笑っていいとも』でした」と感謝の言葉を載せている。

   31日夜には「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」と題して、3時間超の生放送が行われる。デーブは「そして今夜は特大号という謝恩会に出席します」と出演を告知し、司会のタモリさながら「僕のクールギャグに笑ってくれるかな?」と読者に問いかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中