デーブ・スペクター「いいとも」に感謝!「テレビに出るチャンスをくれた番組。夜は『特大号』に出ます」

印刷

   テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが3月31日(2014年)で最終回を迎えた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)への思いをツイッターで語っている。デーブは「外国人タレント」ブーム全盛の1980年代中盤、ケント・デリカット、オスマン・サンコンらとともに出演していた。

   31日朝には「『笑っていいとも!』が終わるなんてそんな事アルタ!」と、お得意のダジャレを飛ばした。昼のレギュラー放送終了後には「ご存知の方もいると思いますが僕がテレビに出るチャンスをくれたのは『笑っていいとも』でした」と感謝の言葉を載せている。

   31日夜には「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」と題して、3時間超の生放送が行われる。デーブは「そして今夜は特大号という謝恩会に出席します」と出演を告知し、司会のタモリさながら「僕のクールギャグに笑ってくれるかな?」と読者に問いかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中