東京新聞 大誤報!?「ふなっしーワールド開園」「投票でボス選出するサル集団発見」

印刷

   「朝ズバッ!」の後継番組として新しく始まった「あさチャン!」のニュース担当アナウンサーの井上貴博が、「われわれは放送10分前まで調べましたが、わかりませんでした」といって紹介したのが、東京新聞の「ふなっしーワールド、来春オープン」の記事、いや広告だ。17面1面ぶち抜きのカラーで、ふなっしーの絵と文面には「昨年は『ご当地キャラ総選挙2013』で1位になりました。そこで、生まれ育ったふるさと船橋市とみなさんに感謝を込めて、2015年春、船橋に『ふなっしーワールド』を開園することにしたなっしー!!ヒャッハー!!」とある。

   司会の夏目三久「ふなっしーのテーマパークができるかもしれないということですよね」

   同じく司会を務める齋藤孝「そりゃあないでしょう。いくらなんでも」

   井上「頭に入れておきたいのは、非公認キャラクターであること、船橋のどこかかの記述がないこと、東京新聞にしかこの広告が載っていないことです。でもよくわからないので、テレビを見ている東京新聞関係者の方ご連絡ください」

   夏目は笑いながら「どうなんでしょうか」

   しかし、よく見ると、文の終わりにやや小さめに「そういえば、今日は4月1日はエイプリルフールなっしー!」とある。

毎年恒例「きょう4月1日はエープリルフールです」

   井上は「あさチャン!NEWS チェック」のコーナーでも東京新聞の記事を2本紹介した。「こちら特報部」欄の「投票でボスザル選出 瀬戸内の島で確認」と「沖縄に人魚? 米軍辺野古移設 新たなハードル」という記事だ。「投票でボスザル」は「1頭1票」の格差なしで、毛繕いなどの利益供与は禁止されていると内容で、「人魚」の方は「上半身が人間のように見え、ジュゴンとは違うという目撃証言が相次いでいる」と伝えている。

あの新聞の伝統芸

   司会の齋藤孝が半信半疑を装うように、「毛繕いだめとか、厳密ですね。そんなことあるのかなあ」というと、井上は「齋藤さん、いいリアクション、ありがとうございます」と下段のテープを剥がすと、「きょう4月1日はエープリルフールです」の1行が出てきた。「東京新聞が毎年行っているウソ記事です」

   齋藤「東京新聞って、好きなんだね、これが。伝統芸なんだね」

   さて、今年のデキは座布団何枚ぐらいか。

   井上はもう1本、スポーツ報知の米映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクター「ダース・ベイダー」がウクライナの大統領選に出馬するという記事を取り上げた。「これはエイプリルフールではありません」と言っていたが、詳細はよくわからない

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中