2019年 4月 24日 (水)

3Dプリンターで家が建つ!中国・上海の建設会社が24時間で10棟完成

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   近頃のワイドショーで聞けた夢のような話に、万能細胞「STAP細胞」があったが、今ではそれも白昼夢となりつつある。かわりに、ちょっと地味な「3Dプリンター」の夢などいかがだろうか。

   模型や銃がつくれることでおなじみの3Dプリンターで、中国・上海の建設会社がこのたび、なんと家を建てたそうである。長さ150メートルの巨大なプリンターで、24時間で10軒を建てたという。1軒あたりの建築費用は、日本円にして30万~50万円だ。

「安全・安心」保証できません

   3Dマイホームは見た目には大きな小屋か庵に毛が生えたような簡素なもので、安全性の検証などはこれから。さしあたりオフィスとして使用されるという。

危ないよ

   それにしてもオドロキの話ではあるが、小倉智昭キャスターは「こんな壁で大丈夫ですか」「絶対危ないと思う」と心配する。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中