小保方晴子リーダー大逆転への期待!「ほら、これがSTAP細胞です」の発表ないのか?

印刷

   小保方晴子・研究ユニットリーダーの「STAP細胞」論文の不正疑惑を検証していた理化学研究所の調査委員会はきのう1日(2014年4月)に会見を開き、改ざん、捏造がそれぞれ1点あったという最終報告を公表した。

   これにつき、「とくダネ!」のコメンテーターたちは予想通りの結果だと受け止める一方で、研究の証拠となる「実験ノート」がろくに残ってなかった事実に驚き、「それだけで不適切な研究」と非難した。

   また、小保方氏が調査結果に対して「かなり強硬な意見で反発」(司会の小倉智昭)するコメントを出したことが注目を集めた。

理研の最終報告に反論「悪意のないただのミス」

   コラムニストの深澤真紀「今回の反論は『申し訳ない』ということではなく、私には捏造する必要はないということを言いたい(ようだ)」

tv200907_pho01.jpg

   小保方氏は論文上の間違いは悪意のないただの「ミス」であって、STAP細胞は実在するとの立場を崩しておらず、両者間の溝はなかなかに埋まりそうもない。

   笠井信輔アナは「小保方さんが会見して、『コレです』と大逆転で(STAP細胞の証拠を)発表することは無理ですかね」と未練があるようだが、小倉は「だって、(大事な)ネーチャーの論文に一番そろってるモノを見せたはずでしょ。それ以上のモノがあるんだったら、最初から出しとけばいい」と否定されて終わった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中