2018年 8月 21日 (火)

上村愛子「引退会見」もスマイル、スマイル!「これからは家族との時間最優先」

印刷

   スキー・モーグルの上村愛子(34)がきのう1日(2014年4月)、長野市内で引退会見を行った。常に絶やさなかった「愛子スマイル」について、「みなさんが作ってくれた言葉で、それで応援してくれました。素敵な言葉だと思っています」と感謝した。

「メダリストにはなれなかったけど、目指す大切な時間もらった」

「(オリンピックという)大きな目標を持てたおかげで、毎日のトレーニングとか、試合で結果を出そうと頑張ったり、前に進む原動力をもらえたと思っています」「メダリストにはなれなかったですけど。そこを目指す大切な時間はあたえてもらったなと思います」
お疲れさま

   1998年の長野五輪がデビューで、18歳だった。このとき7位。以来16年間、オリンピック5大会出場という輝かしい戦績を残したが、五輪でのメダルという悲願はかなわなかった。ワールドカップでは何度も優勝しているのに、五輪では、6位、5位、4位、4位。バンクーバー五輪では「なんで1段づつなんだろう」と笑ったのが思い出される。

   ソチは集大成のつもりだった。「いい滑りをしたらもっと笑うかなと思っていたら、最初に出たのは涙だったので、うれし泣きをするんだなと。最後はよく笑って競技を追われました」

   笑顔はまた、常に涙と一緒だった。

「スキーとモーグルを応援していけるような存在になりたい」

   長野五輪でモーグルに出場した三浦豪太さんは、「実力があって、アスレチックなのに雰囲気がほんわしている。つらいときでも嬉しいときでも笑うことで周りに配慮しているすごく優しい子です」という。

   今後について聞かれると、「競技をやっている間はできなかった家族との時間を大切にしながら、スキーとモーグルを応援していけるような存在になれたらと思っています」

   司会の加藤浩次「ボク個人としては与えてもらったので、お疲れさまというしかない」

   キャスターのテリー伊藤がニコニコしながら「お子さんでもね」という。

   雪の中でよりも、夏のトレーニングで汗を流したりプールにジャンプしたりする姿を思い出した。休むことなかったんだものね、ごくろうさま。ありがとう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中