錦織デビス杯欠場!股関節に痛み…エース抜きで最強チェコに食い下がれるか

印刷
「私は幼いころから錦織選手とともに汗を流してきました。直接、本人に真相を聞いてきました」

   「あさチャン!」のスポーツ担当アナの石井大裕は学生時代はテニスの選手で、日本のエース錦織圭とはジュニアのころに一緒に松岡修造のテニス合宿に参加した間柄だ。あす4日(2014年4月)から東京・有明コロシアムで開催される男子テニスの国別対抗デビス杯ワールドグループ準々決勝に欠場することになった錦織に、今の状態やデ杯への思いなど心境を聞いた。

錦織「勝てるチャンスある。僕が抜けてもみんなで頑張ってもらいたい」

   錦織は米国で行われたソニー・オープンで元世界ランク1位のフェデラー(スイス)を破り4強入りを果たしたが、左股関節の痛みを訴えて棄権し、帰国して検査を受けていた。きのう3日、錦織も出席した記者会見で日本代表の植田実監督が正式に欠場を発表した。錦織は現在世界ランク18位。2月にあったデ杯1回戦のカナダ戦勝利の立役者で、快進撃が期待されていた。準々決勝の相手は2連覇中のチェコだが、日本は錦織抜きで強敵に臨むことになった。

tv201054_pho01.jpg

   石井「どうですか、今の状態は?」

   錦織「まだテニスができていない状態なので、4日からの試合は厳しいですね」

   石井「具体的に痛めたのはどこですか」

   錦織「左の股関節です」

   石井「今回のデ杯をどう見てますか」

   錦織「チャレンジしたい思いは大いにありましたし、勝てるチャンスはあると思うので、僕が抜けてもチームのみんなで頑張ってもらいたいです」

   石井「どういったサポートをしますか」

   錦織「応援ぐらいしかないと思いますが。選手たちが思い切ってプレーできるようにしたいと思います」

   昔の仲間とはいえ、やはりテレビ局のアナと選手の立場を意識したインタビューだった。

デ杯「サッカーでいえばワールドカップ」日本初のベスト8

   スタジオで石井が解説する。「デビスカップというのはサッカーでいうとワールドカップなんです。それでベスト8まできているわけで、日本にとって史上初の快挙なんです。さらに、今回の相手のチェコは2連覇中で世界一。その相手と戦うのに錦織選手がいないのは残念ですが、代わりの選手がやってくれると思います」

   司会の夏目三久「石井さんは錦織選手とともに汗を流してと言っていましたが…」

   石井「松岡修造さんのところで一緒に練習していました」

   夏目「情報によりますと、錦織選手があこがれていたのは石井さんだとうかがっております」

   石井「とんでもない。松岡修造さんいわく、成功した錦織と失敗した石井」

   心配な錦織の復帰の時期についてだが、本人は4月21日(2014年)開幕のバルセロナオープンをあげていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中