「ごちそうさん」に向田邦子賞!脚本担当の森下佳子さん「一生分の運を使い果たした」

印刷

   NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の脚本を担当した森下佳子さん(43)が「向田邦子賞」に選ばれた。向田賞はテレビドラマの優れた脚本家に送られる。選考委員の池端俊策さんは「日本がどこに向かっていくかわからない時代を、食べるということだけで人物を描いたすぐれた脚本。選考委員全員が賛成した」と選考理由を説明した。

   森下さんは「受賞が決まり、一生の運を使い果たしたのではないかと思います」と語った。森下さんはこれまで「JIN―仁―」「とんび」などの脚本を手掛けてきた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中