2018年 7月 17日 (火)

目に余る携帯乗り換えキャッシュバック長者!6台タダでもらい現金も38万円

印刷

   これもアベノ景気のおかげなのか、近頃の携帯電話会社は客に景気よくお金をばらまいているそうだ。もっとも、その対象は他のキャリアから移ってくる人限定ではあるが…。

   電話契約のかきいれ時となる3月(2014年)、東京の携帯ショップでは「(MNPで)最大20万円!」などといった高額キャッシュバックが氾濫した。6台の携帯本体をタダでもらい、さらに現金38万円なんていう客もいた。電話として使用しない多数の回線を契約して、次々とキャリアを乗りかえ、キャッシュバックや電話機転売で儲けるという手口のケータイ長者も続出しているそうである。

総務省も問題視

   こうしたウラには、既存客、一般客の損があるというワケで、2月の総務省の有識者会合でも、高額キャッシュバックが槍玉に上がった。その影響もあってか、3月下旬にはキャッシュバック金額が控えめになり、せいぜい1、2万円程度が主流となり、4月もいまのところその流れをくんでいるという。

おかしくないか

   それでも、ケータイ錬金術はなお健在らしい。「とくダネ!」が取材したある男性は、広島から観光がてら携帯契約のために上京し、手にしたキャッシュバックだけでは赤字だったが、タダのiPhone本体4台を14万円で売り、違約金やらを差し引いて8万円の儲けを出したそうだ。若干の後ろめたさを感じていると言いながらのほくほく顔である。

   スタジオでは30年間同じ携帯会社を使っているという小倉智昭キャスターが「1銭ももらってないよ」「おかしくないか」「こんなコトほっといていいの!?」「こういうの(乗りかえ錬金術)があるから(携帯ショップで)待たされるんだよ」と血相を変え、しまいには「乗りかえようかな」と考えを変えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中