葛西紀明「結婚テレマーク」決まった!札幌在住29歳「次の五輪に連れて行く」

印刷

   スキー・ジャンプのレジェンド、葛西紀明選手(41)が結婚していた。きょう8日(2014年4月)の『スポーツニッポン』が報じた。ジャンプ一筋で独身を続け孤高のイメージが強い葛西選手だったが、ちゃあんと「プライベートでもテレマークを決めていた」と「スッキリ!!」も上手いことをいった。

4年前のバンクーバー五輪後に出会い

   スポニチによると、お相手は札幌市在住の29歳の女性で、2010年のバンクーバー五輪後に知人の紹介で知り合い、以来、彼女は葛西を献身的に支えてきたという。ソチ五輪で銀メダルをとったあと、国際電話で「お前しかいない。結婚しよう」とプロポーズし、帰国直後、札幌で婚姻届を提出したという。銀メダルが2月15日(2014年)、入籍が22日という早業だった。ほんとにだれも気づかなかったのか。

銀メダルの夜に

   司会の加藤浩次「銀メダルのあとに結婚しようって…」

   キャスターのテリー伊藤「かっこいいね」

   葛西も家族もメディアに向かって、ことさらに「独身だから」というようなところがあった。ソチ五輪の前も、「「スッキリ!!」の阿部祐二レポーターのインタビューに「まだ結婚もしてないですしね。結婚して子どもも生まれれば、家族を2018年の平昌(ピョンチャン)五輪に連れて行ける」と話していた。阿部はこのとき、「彼女はいないだろう」と思って、その関係の質問をしなかったという。いまになって、「平昌へ家族をと聞いて、ひらめきましたね」と負け惜しみを言うと、テリーと加藤に「それは後付け」と一蹴された。

「気を使わなくてもいい相手」「野菜中心の特製スープ考案」「マッサージで疲労回復」

   加藤「葛西選手はずっと現役続行を言い続けていますよね。それは結婚して、子どもに勇姿を見せたいという思いがあったのかなとも思います」

   阿部は「平昌だけじゃない。体の衰えはない、50歳まで、平昌の次までやるといっていました。そのための最適の相手なのではないでしょうか」と、スポニチの記事を丸々いただきで解説した。「初めて、気を使わなくてもいい相手」「野菜中心の特製スープを考案」「マッサージで疲労回復」…などを並べてみせた。「気を使わなくていい」なんてのは危ないところなのだが、まあ、新婚のうちは問題にはなるまい。

   テリー「いまは一緒に住んでるんでしょう」

   はるな愛(タレント)「素敵ですね。『お前しかいない』なんて」

   テリー「ほかの記者は知ってたんじゃないの。北海道の番記者は?」

   加藤「そうかもね」

   葛西の結婚を知ってて書かない記者なんていないよ。阿部と同じ、「いないだろう」という思い込み、これが落とし穴だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中