渡辺喜美「みんなの党」代表辞任!「残高5億5000万円返した」そのカネどこから?

印刷

   みんなの党の渡辺喜美代表がきのう7日(2014年4月)、代表辞任を表明した。8億円という巨額借り入れ疑惑への批判に抗しきれなくなったためだが、「違法な点はない」と強気だった。ただ、野党再編の目玉のひとつが消えたことは確か。復帰の可能性も未知数だ。

党内から「このままでは統一地方選挙戦えない」

   渡辺は会見で「5憶5000万円に利息を付けて本日(7日)返済した」ことを明らかにし、金の一部を党に貸し付けたなど使途の一部も明かした。「個人としての借り入れで違法性はない。とはいえ、(疑惑を招いた)責任はすべて自分にある。代表を辞任する」と説明した。

民主主義の死角

   ことが表沙汰になった直後は「手元にない」としていた現金も、「妻の口座に移してあった。私は政治家なので、手元にあると使っちゃうが、妻は保守的に管理できる」という。政治資金規制法では、政党は個人献金を受けられないが、政治家個人が借金をして政党に貸し付けても、金の出所は問われない。ここが違法すれすれのグレーゾーンで、実際は選挙資金が捻出できる。

   8億円借金問題でみんなの党に批判が集まり、とくに支持者からの批判に党内が浮き足立った。「来年の統一地方選を闘えない」と突き上げられ、渡辺も抗しきれなかったということだ。

個人のカネも政党のカネもどんぶり勘定

   第1次安倍内閣で行政改革を担当し、特殊法人のむだ遣い批判など歯切れのよさで男を上げ、2009年にたちあげたみんなの党は、選挙ごとに議席を増やした。しかし、江田憲司元幹事長との確執が強まり、離党・分裂でイメージも変わってきていた。8億円を貸した吉田・DHC会長の暴露の意図もその線上にあったらしい。

   キャスターのテリー伊藤「みんなの党を作ったとき、既得権益や官僚支配への批判は新鮮だったんですが、それがだんだん怪しくなって、自民党にすり寄ったり、江田さんの『ゆいの党』になったり、どうしてこうなっちゃったのかなあ。奥さんも出てきたが、これも党の私物化とか個人商店とかいろいろいわれている」

   司会の加藤浩次「法的に責任はないといっていたが、本当にそうなんですか?」

   日本テレビの田中秀雄記者「これだけ巨額の金がどこにも出てこない、何に使われたのかもわからない。党内外から政治倫理審査会での説明が必要との声も出ています」

   ロバート・キャンベル(東大教授)「日本の民主主義の死角ですよ。個人が借金して一旦ポケットに入れれば、翌日から政治資金として使えることになります。鳩山由紀夫さんも同じことをやったが、あれは銀行から借りていました。今回は収支報告書にも書いてない。きのう返した金がこれまでどこにあったのかもわからないんですからね」

   テリー「みんなの党の存亡の危機。渡辺さんがほとぼりがさめて戻るんじゃあだめですよ」

   といって、トップになりうる人はいない。まさに存亡のときか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中