2018年 7月 24日 (火)

茂木健一郎に視聴者鋭い突っ込み電話!「脳科学踏み台にして目立ちたいだけ」ぐうの根も出ず…
<サンバリュ「耳が痛いテレビ 芸能界カスタマーセンター」>(日本テレビ系)

印刷

   芸能人がテレフォンオペレーターとして待機して、自分にかかってきた視聴者からの苦情に直接答える。前にも似たような企画があったが、こういう番組はなかなか面白い。クレームを受けるのは、脳科学者の茂木健一郎、石田純一&東尾理子夫妻、松居一代、スピードワゴン井戸田、IMALUなどである。
   たとえば、茂木健一郎のには「文化人のタレント化にもの申す」という視聴者からのクレームがくる。「コメンテーターならまだしも、司会をやったり、ホリエモンと組んでバンド活動をしたり、脳科学を踏み台にしているようにしか見えない。なにやってるんですか」というわけだ。
   これに茂木は「僕がテレビに出ると学者仲間からもめちゃくちゃに言われるが、それでも出るのは子供たちがテレビの僕を見て、茂木さんのような脳科学者になりたいと言ってくれるから」などとしどろもどろで言い訳してが、ホリエモンとバンドを組んでいることについて追及されるとぐうの音も出ない。ただの目立ちたがり屋の嬉しがりでしかない。視聴者に1本ありだ。
   ほかにも、石田純一には「なにやっている方ですか」、IMALUには「さんまと大竹しのぶの子供というだけで、下積みもなくテレビに出るのはどうなの?」、松居一代には「船越は好きだけど、奥さんに言いたいことがある」などなど。視聴者の容赦ない質問に全員がタジタジだ。これは面白い。レギュラー化を熱望!(放送4月6日13時15分~)

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中