2018年 7月 22日 (日)

オバマ大統領「サムソン」のPRに乗せられた!自画撮り写真に商品写り込み

印刷

   上原投手なども参加したボストン・レッドソックスがホワイトハウス訪問した際、主砲のデビッド・オルティス選手とのツーショットセルフィー(自画撮り写真)が物議をかもしている。

   ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙によると、このセルフィーは実はサムソンとレッド・ソックス、オルティスとの間で契約されたPR活動の一環だったのだ。オルティスは自分のツイッターに写真をアップロードし、約3万8000人のファンがリツイート。サムスンへも写真を送信し、同社の製品と一緒にオバマ、オルティスというビッグなセレブが写り込んだPR写真は、瞬く間に世界中に拡散された。

ホワイトハウス「今後は大統領とのセルフィー禁止」

   乗せられたホワイトハウスはカンカンだ。ホワイトハウスのシニア・アドバイザーのダン・ファイファーはCBSテレビ「今後、セルフィーは禁止になるかもしれない。オバマ大統領は何も知らされていなかったわけだからね」と語っている。

   ネットでは「余計なお世話でしょ。大統領のセルフィー撮影にまで政府がとやかく言う筋合いはない」など反発する声と共に、ヤンキースのファンらしきユーザーらから「これで本当に大統領セルフィーが禁止になったら、レッドソックスのせい」という批判が起こっている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中