2018年 8月 20日 (月)

小保方晴子リーダー「不服申し立て」聞き取り1回だけ納得いかない!再調査要求

印刷

   STAP細胞の論文に「不正」「ねつ造」ありとされた理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーはきのう8日(2014年4月)、理研に対して再調査と不正認定の撤回を求めて不服を申し立てた。申し立ては、A4判19ページに及び、内容を代理人の弁護士が会見で明らかにした。

改ざん・捏造については「データを見やすくするための加工」「悪意ない取り違え」

   「改ざんとされた画像」については、「データを見やすくするために加工したもので、改ざんにはあたらない」、ねつ造については、「悪意のない取り違え。正しい画像が存在しており調査委に提出している」としている。

どうなるのでしょう

   また、理研の調査委の調査期間が2週間と短く、とくに小保方氏には1回しか聞き取りがなかったことで不十分だと主張している。弁護士に「言いたいことがいえなかった。きちんとした説明ができていない」と話しているという。

   調査委は「STAP細胞の存在」にも疑義を示したが、「存在を確信している」という。再調査は当初の調査委のメンバー以外によっておこなうべきだと求めている。

   一方で「画像の取り違え」などを「深く反省している」「関係者や社会に迷惑をかけた」と謝罪もしている。

「これですよ」というモノ見せられるか

   司会の加藤浩次「小保方さんは単なる間違いだといっていますが、研究者が画像を取り違えるなんてことがありうるのかと思いますが…」

   科学ジャーナリストの寺門和夫氏は「今回は明らかに小保方さんの故意があるとされたわけです。画像については、研究のートに記して間違いないように するのが研究者の本来で、それが不備で間違えていたといっても通用しません」

   加藤「調査期間が短いというのは、どうなんでしょう」

   寺門「中間報告から2週間で、その前に1か月あったわけです。小保方さんも何度か聞き取りをされています」

   加藤「理研もSTAP細胞を擁護する立場だったはずですよね」

   寺門「再調査しても、『改ざん』『ねつ造』が否定されることはないと思いますよ」

   加藤「STAP細胞そのものの存在は、理研の再現実験を待つしかないのでしょうか」

   寺門「申立書では、真正のデータを論文に載せ間違えたとなっていましけどねえ…」

   加藤「これですよって見せればいいと思いますよ」

   寺門「それは理研にもネイチャーにも提出されているが、公表されていないんです。画像はあると思いますが、それが実験ノートに記載されているのかどうか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中