2019年 6月 18日 (火)

小保方・釈明会見「未熟でした。ごめんなさい」で済むか?もう公開実験しかない

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「私自身、STAP細胞はもう200回以上作製に成功しています」

   理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)は、きのう9日(2014年4月)の記者会見できっぱりと言い切った。しかし、そのことを証明する客観的なデータは示されなかった。信じたいという声もあるが、これでは信じようがないという声も強い。

「200回成功」ならすぐ証明できるはず…

   「あさチャン!」に毎日新聞編集委員の元村有希子氏が出演し解説した。井上貴博アナが聞く。「きのうの会見、ズバリ、どう映りましたか」

今後どうなる?

   元村「STAP細胞の研究を続けていきたいという強い思いはよくわかりました。反論の根拠を期待していましたが、不勉強や未熟さの謝罪のトーンに終始したのは残念でした。小保方さんは研究の独創性とか、研究をやり続けていく突破力はすばらしいと思いますが、論文として世の中に出していくスキルがあまりにも未熟でした」

   「200回成功」についても、それだけのスキルやコツがあるなら、公開実験をしたらいいのにという。小保方氏以外にも成功した第三者がいるといいながら、その人物の名前を明かさない。「私たちがほしいのは客観的な裏付けなんです。小保方さんの言い値ではなく、誰かに証明してもらうというところがほしいのに、その点は示されませんでした」と元村は話す。

   理研の報告書で改ざん、ねつ造とされた画像の取り扱いについて、疑いは払しょくできたのか。小保方氏は不勉強、不注意、未熟を強調して悪意はなかったと訴えたが、専門家の見方はクールだ。科学者・研究者の倫理問題に詳しい東京都市大学の北澤宏一学長は突放す。

「きのうの会見で小保方さんが言われたのは、通常、改ざん、ねつ造と判定されることを私はやりましたということでした。ただし、それは悪意ではなかったと。しかし、これであの論文は科学的にはまったく価値がないということが判明しましたので、あの論文そのものからSTAP細胞があるということにはならないわけです」
文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中