2019年 6月 19日 (水)

小保方晴子「STAP細胞200回以上成功…でもコツがあるんです」それを公開してよ!

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   STAP細胞の論文が不正とされた理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーはきのう9日(2014年4月)、釈明会見を開き「STAP細胞は200回以上作っている」「第3者も再現させている」などと話したが、個人名など詳細は明かさず、なお疑問を残した。

「インディペンデント(第三者)も作成できている」名前は明かさず

   会見は前日に理研に提出した不服申し立ての内容を説明するものだったが、質疑も多く2時間35分に及んだ。小保方氏は自らの未熟さが騒動を招いたとして謝罪したが、STAP細胞そのものについては、「あります」「これが役に立つ日を夢見てきた」「科学的に実証され研究が進むことを願っています」とはっきり答えた。

クビになるの?

   論文作成時に画像の取り違えなどのミスをしたが、理研の調査委が出した「改ざん」「ねつ造」にはあたらないし、そうした意図(悪意)もなかった。論文取り下げは「完全な間違いだと認めることになる。結論が正しい以上、取り下げに同意はできない」と述べた。

   「STAPは200回以上も作っている」「コツというか、レシピのようなものがある」「インディペンデント(第三者)も作成できている」と説明したが、「第三者はだれか」という質問には、「公の場だから」と渋り、さらに「明らかにした方があなたのためになる」といわれても、「なるほど」と考え込み、しかし名前は出さなかった。

   キャスターのテリー伊藤「情緒的な部分がありましたよね。もう少し理論を使った返答をしてほしかったですよ。それにしても、200回とか画像を持っているとか、なんで理研の人にいわないのか。人生でいちばん大事な時ですよ。そういう意味では、ちょっとあやふやな点があった」

   科学ジャーナリストの寺門和夫氏は「小保方さんとしては、不正でないといわなくてはならないのだろうが、今までの科学のやり方だと不正になってしまう」

   司会の加藤浩次「すると、名誉的なものですか?」

   寺門「今後の議論になるでしょうね。悪意はない間違いでしたというのなら、では悪意とは何なのか、善意ならいいのかというようなことですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中