2018年 7月 20日 (金)

「小保方晴子会見」テレビ各局、通常番組吹っ飛ばして異例の長時間中継

印刷

   きのう9日(2014年4月)午後1時から行われた理化学研究所の小保方晴子チームリーダーの釈明会見を、テレビ各局は通常番組に差し替えて異例の長時間中継で放送した。

   NHKは当初、会見冒頭の30分の放送を予定していたが、「視聴者の関心が高い」(NHK広報局)として2時25分まで延長、質疑応答をすべてカバーし科学文化部記者の解説まで付けた。これは特別番組としての作りだ。

   フジテレビは人気トーク番組「ごきげんよう」(ひる1時)を深夜に移し、昼ドラ「聖母・聖美物語」(ひる1時30分)を翌日に繰り延べた。テレビ朝日は「ワイド!スクランブル」(ひる0時44分)を午後2時まで拡大し、さらに人気ドラマ「相棒」の再放送も飛ばした。TBSは「ひるおび」(ひる11時)の放送枠内で対応したが、レギュラーコーナーはほとんど休止、日本テレビ「ヒルナンデス!」(ひる11時55分)で会見途中から伝え、「情報ライブ ミヤネ屋」(ひる1時55分)ではCMなしでぶっ通し中継した。

   通常、民放は首相の突然の辞任会見でもここまでの態勢はとらない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中