2018年 5月 21日 (月)

田中将大ホーム初登板、勝ち負けなし「試合で粘れていることは今後に生きてくる」

印刷

   ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(25)が現地4月9日(2014年)、本拠地ヤンキー・スタジアムで行われたボルティモア・オリオールズ戦に先発登板した感想を10日のツイッターで書いている。試合は7イニングを投げて7安打、1四球、10三振、3失点で、田中はきっちりと試合を作ったものの、勝敗はつかなかった。

   「ランナーを溜めてしまった所での長打はいただけないですね」と反省し、課題はあるが「試合を通して粘れていることは今後に生きてくる」と展望を語った。

   なお、イチロー選手(40)は9回に代走として出場したが、打席は回ってこなかった。ヤンキースは4対5で敗れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中