2018年 9月 21日 (金)

はるかぜちゃん、つぶやき全削除「ご心配おかけしてごめんなさい!話せるようになったら話すのでまってて」

印刷

   子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花(13)がツイッターのつぶやきを4月10日(2014年)までにすべて削除した。突然の投稿削除をファンから心配されると、「ご心配おかけしてごめんなさい!大丈夫だよ、話せるようになったら話すのでまっててぬ」と答えている。

   このやりとりがネットニュースで取り上げられ、11日には「ただいまー!ぬ、またどうでもいいことがニュースになってる!ううう」と反応。「こういうニュースが出るたんびに、また『子供がネットなんかやるからー』みたいなのがたくさん来るからやんなっちゃう」とぼやいている。

   春名は今年1月に「さいきんのTwitterはちょっと品が悪すぎる」と発言。2月の誕生日でフェイスブックの年齢制限が外れることもあり、「ぼくもいろいろと今までのところからでて、冒険してみたい」とツイッターを卒業する考えを話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中