小保方リーダー反論文書「STAP細胞は1日数回実験を続けたから200回以上に」

印刷

   STAP細胞の小保方晴子・理研ユニットリーダーはきのう14日(2014年4月)、新たな文書を発表した。9日の会見で「STAP細胞はあります」「200回以上成功している」という発言に疑義が出ており、それに答えた形だ。

   実験の回数については、専門家から「4年以上もかかるはず」「時間のムダ」などの声があがったが、小保方氏は「STAP細胞作成の実験は毎日のように行い、しかも1日に複数回行うこともありました」と説明し、2011年4月から9月までで100回以上、その後も100回以上としている。

「第三者の成功者の存在は理研も知っています」

   さらに、「インディペンデント(第三者)で成功した人がいる」といいながら名前を明かさなかったことについて、小保方氏は「迷惑がかかってはいけないので、名前は公表できないが、成功した人の存在は理研も認識しているはず」という。

よくわからない

   司会の加藤浩次「これに対して、理研は何といってるんですか」

   理研は「細胞の『多能性マーカー』が陽性になる段階まではした研究者がいることは認識しているが、これはSTAP細胞があったかどうかを結論づけるものではなく、あるとはいえない」としている。

   森圭介アナ「小保方さんはあるというが、理研はあるとはいえないということです」

   加藤「細胞の『多能性マーカーが陽性』ってどういうことなのですか」

   森「最初の会見で緑色に光る細胞があったのを覚えてると思いますが、あれです。細胞はいったん臓器になると戻れないんですが、戻ったときについた印(マーカー)ということです」

   緑色が「多能性」を表すのだが、小保方氏は緑色になったのをSTAP細胞ができたとみているのだということらしい。

   加藤「会見では『STAP現象』といっていましたが、そういうことですか」

   森「そうです。小保方さんはこれをSTAP細胞だというが、理研は証明できないといっています」

   加藤「緑色になっても万能になったかどうかわからないとですね」

   森「理研のスタンスはそうです」

   加藤「STAP細胞は万能になると思っていたが…」

   森「論文の中では、多能性を手にいれた、つまり緑色になった細胞は、そのあといろいろな細胞になるといっています。ただ、理研と小保方さんでどの範囲までかが食い違っているんです」

今週中に理研の「上司」会見

   ロバート・キャンベル(東大教授)「ネイチャーの論文は公になっているのだから、それを裏付けるデータを出してもらえるとわかると思いますけどねえ」

   加藤「多能性だからSTAPだといってるんですよね」

   森「小保方さんはそれがSTAP細胞だといっていますが、理研はそれだけじゃSTAPとはいえないとしています」

   少なくとも、最初の発表(つまりネイチャー論文)では理研もそう思ってたということだろう。

   加藤「多能性がSTAPだとボクは勝手に思ってたけど」

   キャスターのテリー伊藤「今週、上司が会見するから、そこでわかるんじゃないの」

   森「ただ、定義が違うとどうなるか」

   加藤「どうなっちゃうんだろ」

   いまもって賛否両論がある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中