笹井芳樹・副センター長の会見でもやっぱりわからない「STAP細胞」あるの?ないの?

印刷

   「STAP細胞」論文執筆のキーパーソンとも言われる理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の笹井芳樹氏がきのう16日(2014年4月)に会見を開いた。

   司会の小倉智昭「STAP現象でしか考えられない(データがある)ってのが、一番のポイントでしたよね」

   笹井氏は「STAP細胞の動画がある」「他の万能細胞より小さい」「ほかの万能細胞が混ざっていたらマウスの胎盤にならない」の3点を根拠として挙げ、STAP細胞は「検証する価値のある有望な仮説」と主張した。

提示されなかったノートや証拠

   ゲストの宮田満・日経BP社特命編集委員「(笹井の説明は理論上は)正しいが、それを裏付けるノートとか証拠が提示されてないので、何とも言えないですね」

ポイントは…

   笹井氏がSTAP細胞研究に関与したのは主として論文作成段階だという。研究そのものにはあまり関わっていず、生のデータ、ノートなども見ていないという。目下STAP現象は再現できないし、STAP現象を確認したとされる研究は未熟で杜撰で、STAP細胞の実在を裏付ける主要データのひとつは捏造と認定されている。そうした研究データを証拠に、STAP現象の実在性が計れるのかどうかは、なかなか疑問の残るところかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中