STAP責任共著者・笹井芳樹「最後の段階で参加しただけ。実験ノート見てない」

印刷

   STAP細胞の論文に疑惑がもたれて約2か月。論文の責任著者として名を連ね、キーマンといわれた理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長が16日(2014年4月)に会見し、論文作成過程で自分は脇役だったと強調した。

「私は第4段階の文章の書き上げから参加したため、多くのデータは実験ごとに図表になっていたので見ることはできませんでした」「(小保方氏は)独立した研究のリーダー、PI(研究室主宰者)でございまして、『ノートを持ってきて見せなさい』というようなぶしつけな依頼をするようなことは現実的に難しい事なんです」

   責任共著者に名を連ねているのに、まるで自らを学生が提出する論文の指導教官であったかのような釈明だった。

「細胞は存在すると考えるのが最も合理的」

   宮田佳代子(フリー・キャスター)「これでほぼ主要な方の声が聞けたわけですが、並べてみますと、理研は小保方さんに責任をかぶせた感じがします。納得できないですね」

   松尾貴史(タレント)「実験ノートに関していうと、こんな画期的な発見で齟齬があってはいけないわけだから、『ノートを見せていただけないか』ぐらい言ってもぶしつけにあたらないと思いますけどね」

   肝心のSTAP細胞の存在について、笹井副センター長は「STAP細胞は現在最も合理的な仮説として説明できる。検証に値する有望な仮説です」と述べただけだった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中