左利き吉高由里子「花子とアン」で右利き練習!お箸が反対でうまく食べられない

印刷

   NHK連続テレビ小説「花子とアン」(月~土あさ8時)は、主人公・村岡花子の幼少時代が終わって、今週から吉高由里子の主演となった。実は吉高にはこの役をやるためにちょっとした苦労があったという。吉高は左利きなのだ。たしかに、福山雅治主演のフジテレビ系ドラマ「ガリレオ」の女性刑事役でもメモを取ったり黒板にチョークで書いたりするときは左手だった。

   しかし、花子は右利きで、しかも左利きはうるさく直された時代のドラマだ。吉高は右利きに慣れるため、食事では右手に箸を持つようにして練習したという。「上手に食べられないから、食べる量が減っていいダイエットになった」と笑っている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中