2018年 9月 22日 (土)

オイオイ、あんたが出る幕じゃないよ!宇多田照実「STAPは人類にとって大発見」

印刷

   歌手・宇多田ヒカル(31)の父で音楽プロデューサー・宇多田照実氏(65)が、「勇気を持って書きます」と、STAP細胞問題の渦中にいる笹井芳樹副センター長の会見について、4月16日(2014年)のツイッターで語った。

   「笠井氏の会見の一部を見ました」「沢山の批判が届きそう」(原文ママ)としながらも、「発見が人類にとって、アインシュタインの相対性理論と同じくらいの価値が有り、ただ完成度が今一歩足りないだけ。ビジネス上、天文学的な数字の利益が絡んでいる」と書いている。

   アインシュタインを引き合いに出した理由は、「相対性理論をベースに色々な方面の科学が発展した。ただし彼は富豪にはならなかった。今の新発見は全て利権に繋がって大きな利益を沢山の人に与える、っていうことを言いたかった」のだという。

   このツイッター、炎上で話題狙いかな。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中