宇多田照実氏、ヒカルの近況報告「同じニュアンスを残して新しい自分を足してる曲づくり」

印刷

   音楽プロデューサー・宇多田照実氏(65)が、娘、歌手・宇多田ヒカル(31)の近況について、4月16日(2014年)のツイッターでファンからの質問に答えた。宇多田は10年をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表している。

   活動休止中の宇多田の「曲や音」を「ヒカルのスタジオに足繁く通って」聴いているといい、「活動休止中の曲は今までのと違う感じですか?」と問われると、「同じニュアンスを残して新しい自分を足してる感じ」と宇多田の変化を語った。

   またかつてのアルバムでの曲順の決め方についての問いかけには、「ヒカルを含め4人のexecutive staffがそれぞれの曲順を持ち寄り、そこから最終決定」をしていたと答えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中