韓国「セウォル号」日本から購入後に大幅改造―バランス崩れ転覆しやすかった

印刷

   韓国の旅客船はなぜ突然横転し沈没したのか。井上貴博アナは沈没直前の写真を示し、「よく見ると、船の船首部分の底に何かを擦った跡が見えます」と説明する。セウォル号は日本で建造され、鹿児島と沖縄を結ぶフェリーとして運行されていた。2012年に韓国に売却され、その後に客室などが増築された。

   商船三井の元船長・池田宗雄氏はフェリー時代とセウォル号の写真を比べ、「貨物をより多く積むために高さを増していますが、これは船にとってマイナス要因になります。高くなったためにバランスが崩れ、転覆しやすくなります」と解説した。

直前に漁船が横切った?

   井上「航跡の記録から、転覆直前に右に急転回したようです。これは何を意味するのでしょうか」

直前に急転回

   池田氏「船の航行先に漁船などの他の船が横切ったと思われます。この船を避けるために急転回したと思われますね」

   珍島には奥平邦彦レポーターがいた。「沈没海域に大型クレーン船3隻が到着し、船の沈下を防ごうとしています」

   いまは原因究明より、船内にいる不明者の救出優先だ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中