2019年 5月 22日 (水)

今市・小学1年女児「誘拐・殺害」関与ウソ!?話あやふや「自白男」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   栃木県今市市(現・日光市)で2005年に下校中の小学1年女児が行方不明になり、その翌日に殺害されているのが見つかった。「とくダネ!」も当時「かなり大きく取り上げた」(小倉智昭キャスター)事件で動きがあった。

   別の事件(番組では詳細不明)で1月に逮捕、起訴された30代の男が、警察に対して関与をほのめかしているというのだ。すわ事件解決へ――と色めき立つニュースだが、なぜか様子見風の慎重なコメントが目立った。

近所の住人「ずっと家にいた」「色白ですらっとしたイケメン」

   笠井信輔ア「(男の)話の中身に具体性がないというんですよね」

具体性がない

   小倉「自供通りに凶器が見つかったりすればすぐ逮捕となるだろうが、なかなか前に進まないようですね。

   「この男はいったいどんな人物なのか」(ナレーション)という点についても、男は本件では目下、容疑者未満の存在とあってか、氏名などは非公表だ。人柄やトラブル歴などの取材も控えめではあったが、男の近所の住人らしき2人は「普通のおとなしそうな感じ。ずっと家にいるから、何やってるのかな(と思っていた)」「優しい感じの、色白ですらっとした今風のイケメン。気さくで、向こうから話しかけてくる」と話している。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中