韓国「沈没旅客船」不明者救出に手立てなし!救助ダイバー「船内に入れない」

印刷

   韓国の客船沈没事故は2日経ったけさ18日(2014年4月)までに179人が救助されたが、死者は25人になり、なお271人が不明のままだ。多くが船内に閉じ込められているとみられるが、潮の流れが早いうえ、水中の視界が悪く手の打ちようがないという。事故の原因もなお詰め切れていない。

クレーンで吊り下げ水没食い止め

   リポーターの阿部祐二が船でセウォル号に近づいたが、船首の一部がかろうじて海面上に出ているのみ。小雨模様でカメラに水しぶきがかかる。阿部は「満潮で船が沈んで…」みたいなことを言っていたが、それは違う。きのうの映像で、まだ見えていた船底から水と空気が吹き出しているのがあった。船中の空気が徐々に抜けて、沈んでいっているのは間違いない。

入れないのか?

   現地にはダイバー500人、航空機29機、船舶171隻がいるというが、有効な救助方法がない。潜水関係者も「中に入れない」と話している。船の中なんて迷路みたいなもので、しかも逆さまになっていて、船室は独立している。おまけに真っ暗で視界も悪い。

   当局はクレーン船で支えて水没を食い止める算段らしい。船体は3000トンだから、クレーン船を何台か使えば可能だろう。ニュースではすでにクレーン船1隻が現場に着いたと伝えていた。あとは天候だろう。

   不明乗客の家族を乗せた船が現場へ向かった。しかし、目の前にしてもどうすることもできない。「私の娘があそこにいるのに」と泣き叫ぶ母親の姿があった。家族がいる珍島をきのう午後、朴槿恵大統領が訪れ「みなさんと一緒に救助の知らせを待ちたい」と話したが、家族からは激しい言葉が飛んだ。気持ちはわかるが、韓国人の感情表現はストレートだ。

急旋回でコンテナ・車が荷崩れ!直前に何があったのか?

   司会の加藤浩次がしきりに、「ダイバーが中へ入れないのか」という。これは無理だ。「クレーンで引き上げたら、エアポケットがなくなってしまう」と、だれから聞いたのか、いい加減なことをいうが、もはやクレーン以外に打開の道はあるまい。

   事故原因については、暗礁や故障などがいわれるが、急旋回をしたために積み荷のコンテナや車が動いてバランスが崩れたのではないかとの見方が強まっている。セウォル号はもともと日本の船で、おととし韓国の会社が買った後、船室などを増築していた。そのために重心が高くなっていたともいう。

   東海大の山田吉彦教授はきのうは「暗礁か」といっていたのだが、船底にそんなキズはなかった。では、乗客が聞いた「ドーン」という音はなんだったのか。教授は「見えている船首部分のキズが気になる。何かにぶつかったのか?」

   と解説していた。たしかに塗料の色が変わっているがヘコんではいない。急旋回の前に何かあったのではと見る。

   加藤はなおも「なんでできないのか」という。浮いている船首にアナを開けたら船はすぐ沈んでしまうんだよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中