2018年 8月 19日 (日)

春ドラマどっち見る?杏と小泉今日子の「NHK朝ドラ対決」、池井戸潤「原作対決」

印刷

   春のドラマがほぼ出そろったが、強いのはやはりNHK朝ドラ「ごちそうさん」で人気となった杏と「半沢直樹」の原作者・池井戸潤だった。初回放送でこれまで最も視聴率が高かったのは日本テレビ系「花咲舞が黙っていない」(水曜よる10時)で17・2%だ。杏が主演、池井戸潤の「不祥事」「銀行総務特命」が原作というのだから「最強コンビ」である。2位はTBS系「アリスの棘」(金曜よる10時)の14・2%、3位はフジテレビ系「続・最後から二番目の恋」(木曜よる10時)14・0%だ。

   この「続・二番目の~」の主演は、やはりNHK朝ドラ「あまちゃん」で人気再燃の小泉今日子。杏と小泉今日子の朝ドラ「対決」も楽しみだ。もう一つ対決がある。27日(2014年4月)スタートのTBS系「ルーズヴェルト・ゲーム」(日曜よる9時)も池井戸潤の企業小説が原作で、中堅精密機械メーカーが舞台だ。「花咲舞~」は銀行内部の話というわけで、見比べるのも面白いかもしれない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中