<今週のワイドショー>韓国旅客船「転覆・沈没」避難誘導せず真っ先に逃げた船長・乗組員

印刷

   今週16日水曜(2014年4月)に韓国・珍島付近で起きた旅客船「セウォル号」の転覆・沈没事故は、海難史に残る大事故のようだ。いまだに300人近い船客が不明で、死者は何人になるかわからない。

   ワイドショーも現場が九州とは目と鼻の先であることから、ただちにレポーターを送り込んだ。<韓国・客船沈没「280人が船内閉じ込め」潮流早く視界1メートルの現場海域>(日本テレビ系「スッキリ!!」)、<韓国旅客船事故!避難誘導混乱で犠牲拡大―「外に出て逃げろ」「いや、船室に留まれ」>(TBS系「あさチャン!」)と、現場の混乱ぶりを伝えた。

   なぜ転覆したのか。<沈没の韓国旅客船、2年前まで日本で運行!「性能いい船。考えられない事故」(元船長)>(テレビ朝日系「モーニングバード!」)、<韓国「セウォル号」日本から購入後に大幅改造―バランス崩れ転覆しやすかった>(「あさチャン!」)と推測したが、決定的な情報はない。救助活動も進まなかった。事故から2日たっても、<韓国「沈没旅客船」不明者救出に手立てなし!救助ダイバー「船内に入れない」>(「スッキリ!!」)という状態だった。

   金曜日になって驚くべき情報が伝わってきた。<韓国・沈没旅客船「船長・乗組員」いち早く脱出!船客には「そのまま動くな」>(「モーニングバード!」)。船客の脱出が遅れたのは、船長以下がまとまな避難誘導もせず放ったらかしにして逃げたしまったからだったのだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中