セウォル号乗組員 船客のことより「早く来て!救助して」事故発生直後の管制交信

印刷

   韓国・珍島沖の旅客船セウォル号事故で、子供らの安否確認を待つ家族が待機している体育館の床には報道陣から奪ったカメラや三脚の残骸が散乱していた。政府の対応が遅いと激昂した家族が担当者に投げつけたためだ。珍島沿岸海上交通管制センターと事故発生直後のセウォル号との交信が明らかになった。

非常時の安全訓練受けていなかった

   センター「乗客は脱出できますか」

荷崩れも当然

   セウォル号「船が傾いていて脱出は不可能です」

   センター「救命胴衣を乗客に配り、厚着をさせて下さい」

   セウォルは「乗客を脱出させたら、すぐに救助されますか。早く来て下さい」

   センター「船長が直接判断して、乗客を脱出させるか決定しなさい」

   セウォル号の乗組員たちはパニックに陥って、乗客を避難誘導させようとしていないことが分かる。井上貴博アナは「当局の事情聴取に対し、乗組員の中には非常時の安全教育は受けてないと話す者もいるそうです」と伝える。

   事故現場に近い海域が奥平邦彦リポーターが報告する。「私の右手、約15メートル先に大きなブイが2つ浮かんでいます。あのブイの下にセウォル号が沈んでいます。現場周辺には重油の臭いが漂っています。けさ21日(2014年4月)の捜索では潜水士を乗せた約50隻の船が出動していますが、重油の影響で太陽が遮られ、海中の視界はますます悪くなっているそうです」。潜水士は「水深7メートルを超えると前がまったく見えません」と語っている。

しっかり固定されていなかったコンテナや車

   船はなぜ急速に傾き浸水したのか。東海大学海洋学部の山田吉彦教授はこう解説する。「セウォル号は日本から売却された後、客室部分が改造され5階建てとなりました。船の設計はバランスを考えて行われますが、客室を増やしたいという理由で改造すればバランスが崩れます。また、客室も細かく仕切られておらず、海水が侵入することを防ぐ扉もありません。水は一気に船内に流れ込んできたと思われます。

   出港直前のセウォル号の映像を見ると、大型車が何台も入っています。規則ではこれらの車は船内で固定しなければなりませんが、最後の車が入ってから出港まで約5分。おそらく、固定せずに簡単な車止めを使用したのでしょう」

   井上「船が傾くときにドスンという大きな音が何度も聞こえてという証言がありますが、それは車が横転する音だったのですね」

   山田教授「そうだと思います。急転回したときに片側に寄った。そのためバランスはますます悪くなり、傾くスピードが速まり転覆したのでしょう」

   沈没現場周辺には大型クレーン船5隻が待機しているが、家族の間からは「船体の引き上げよりも船内捜索を先にして」という声が強くなっているという。いや、クレーンで吊っていないと海流が早く、船も流されてしまうらしいぞ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中