理研の研究施設を一般公開!STAP騒動で来場者例年の2倍…お土産は実験ノート

印刷

   理化学研究所は19日(2014年4月)、埼玉県和光市にある研究施設を一般公開した。けさ21日の「!チャン知り」コーナーで司会の夏目三久が案内した。理研は毎年この時期に施設を公開しているが、さすがにSTAP細胞騒動で話題になっているためか、今年は例年の2倍近い1万1000人が訪れた。

健康飲料も開発してる理研

   夏目「会場の特設コーナーの一角には、理研がこれまでに開発した製品が並べられ、健康飲料のヴァームもあってこれも理研の開発でした」

こんなものまで

   この施設だけでしか手に入らない限定品も販売されていた。ボールペンや手ぬぐいなどもあったが、最も人気が高かったのは研究者が実験データなどを記録する実験ノートだ。小保方晴子チーム・リーダーが使っていたのとは違う、用意した900冊はたちまち売り切れてしまった。

   理研の研究施設は全国に8か所あり、同じ日に筑波地区にある研究施設も公開された。次は兵庫県・播磨地区にある研究施設だ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中