韓国旅客船沈没、「小保方騒動」上回る関心!「真相報道バンキシャ!」視聴率急上昇

印刷

   日曜夜の日本テレビ系報道バラエティー「真相報道バンキシャ!」(よる6時)の20日(2014年4月)放送の視聴率が急上昇した。韓国の旅客船沈没事故を大きく取り上げ、救助活動の現場からの中継、事故原因の究明、船長ら乗組員の逮捕などを番組の大半を使って伝え18・2%を記録した。前週13日は理化学研究所の小保方晴子チーム・リーダーの記者会見を中心にした放送で13・8%だった。4・4%もアップしたことになる。

   小保方騒動より沈没事故の方が関心が高いということだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中