「夕飯をつくらない」76歳夫が69歳妻を顔踏み殺し!DVでたびたび警察に相談

印刷

   大変痛ましい事件――。けさ22日(2014年4月)の最初のニュースが伝えられる前に、司会の小倉智昭はそう言って、を曇らせた。事件は群馬県前橋市で18日に起きた。夫(76歳)が自宅で妻(69歳)に暴行を加え、妻が外傷性ショック死したというものだ。警察に逮捕された夫は妻の顔を足で踏みつけたと話しているという。

動機がひどい

   小倉「しかも動機がひどい」

   妻が夕飯をつくらなかったことで頭に来て犯行に及んだと話しているそうだ。ご近所の人の話によれば、夫は「やさしそうな人」で、日ごろ夫婦で一緒に散歩したりする姿も見られた。その一方、被害者は事件前からたびたび暴行被害にあっており、過去に3回、警察に相談していたことがわかったという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中