2018年 9月 25日 (火)

「夕飯をつくらない」76歳夫が69歳妻を顔踏み殺し!DVでたびたび警察に相談

印刷

   大変痛ましい事件――。けさ22日(2014年4月)の最初のニュースが伝えられる前に、司会の小倉智昭はそう言って、を曇らせた。事件は群馬県前橋市で18日に起きた。夫(76歳)が自宅で妻(69歳)に暴行を加え、妻が外傷性ショック死したというものだ。警察に逮捕された夫は妻の顔を足で踏みつけたと話しているという。

動機がひどい

   小倉「しかも動機がひどい」

   妻が夕飯をつくらなかったことで頭に来て犯行に及んだと話しているそうだ。ご近所の人の話によれば、夫は「やさしそうな人」で、日ごろ夫婦で一緒に散歩したりする姿も見られた。その一方、被害者は事件前からたびたび暴行被害にあっており、過去に3回、警察に相談していたことがわかったという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中