2019年 5月 27日 (月)

羽生結弦「金メダルパレード」予算足りない!で作ったTシャツ大人気

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ソチ五輪で金メダルをとったフィギュアスケートの羽生結弦選手の凱旋パレードが、今週土曜日(2014年4月26日)に仙台市内で行われる。ところが、その費用が足らないというので、実行委員会はTシャツ販売で費用を工面しているが、これがどうやら大当たりらしい。

宮城県、仙台市、協賛企業からかき集めても2300万円不足

   仙台で金メダルパレードが行われるのは荒川静選手以来だ。フィギュアの金メダリストはこの2人しかいないのだから、仙台はすっかりフィギュアスケートの街になった。地元が力を入れるのもわかるのだが、パレード意外に金がかかる。昨年のプロ野球・楽天の日本一パレードは同じ場所でやや長い距離だったが、21万人が押し掛け、警備員だけで1000人を超えた。かかった費用は1億5000万円になった。羽生パレードは観客をこの半分、10万人としても5700万円かかると試算された。

どこで買えるの?

   ところが、宮城県、仙台市と企業の協賛金は3400万円、2300万円足りない。企業からの協賛があまり集まらなかったためだが、五輪への協賛は公式スポンサーに限られ、地元が参加できないからだ。

   そこで実行委が考えたのが、羽生のサイン入りTシャツの販売。羽生のサインと史上最高得点を出したショートプログラムでのフィニッシュが、白地にブルーで入っている。1枚2000円(税込み)を2万枚準備して、先週の土日曜にとりあえず1万枚を県内10か所で売った。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中